髭脱毛をしたいと思っている方も多いと思います。それはどうしてかというと、今の時代はひと昔前とは違って

髭が薄い男性がすごく増えていて髭が濃い男性自体が少数派になっているからです。

そういう状況でも一定数のひげが濃い男性はいます。特に今の時代に青髭を生やしていては
女性からも全くモテません。ですから、今の時代は髭脱毛をするという方が多くなっています。

では、いざ髭脱毛をしようと思った時にどういう種類のひげ脱毛があるか気になる人も多いと思います。
なぜなら、髭脱毛をするという事は単に髭を剃るのとは違ってかなり肌へのダメージも大きいからです。

そして、初めて髭脱毛をしようと思った時にまず思い浮かべるのは毛抜きを使って髭を1本ずつ抜くという
方法を選ぶ人が多いです。その理由は簡単でこの方法が一番コストをかけずに確実に髭を脱毛できるからです。

ですから、髭脱毛初心者にとって毛抜きを使って髭脱毛をするのがベストのように感じます。
ですが、髭脱毛をする方法はいくつかありますが、その中でも毛抜きを使って髭脱毛というのは
髭を根元から強制的に抜くせいで毛穴に大きなダメージがあり、造像以上に肌が荒れます。

確かにこれも髭の太さなどによって個人差はありますが、特に髭脱毛をしないといけないくらい
髭が濃い人が毛抜きを使って髭脱毛をすると肌がかなり荒れるのは間違いないです。

では、これ以外にどういう髭脱毛 種類があるのかというと、一般的なのは
男性クリニックに行って光脱毛やレーザー脱毛を受けるというのがあります。

この方法が良いのは毛抜きを使って髭を無理やり脱毛するのとは違って
髭の毛根にレーザーを照射する事で毛根の黒い部分にだけ確実にダメージを与えて
髭を脱毛できる点にあります。

なので、レーザー脱毛や光脱毛なら無理やり髭を抜くようなやり方ではないので
肌へのダメージがないというのが最大のメリットになります。

ですから、これから本格的に髭脱毛をしたいと思うなら男性クリニックに行って
レーザー脱毛や光脱毛を受けるのがおすすめです。

また、これ以外の方法も髭脱毛にはあります。それはニードル脱毛という方法です。
この脱毛法は電気を流して脱毛する方法で再び生えてくる可能性が低い永久脱毛法になります。

ただ、ニードル脱毛の場合はレーザー脱毛や光脱毛のように範囲に料金が決まらず
1本ずつの料金になるのでコストの面ではレーザー脱毛や光脱毛に劣ります。

また、髭脱毛であまり痛みを感じたくないなら光脱毛がおすすめです。
これはレーザー脱毛やニードル脱毛ほど強力ではないですが、痛みが少ないのが魅力の脱毛法です。

 

 

関連記事

    None Found