髭剃りの際に、T字のカミソリと電気シェーバーとではどちらが肌を傷つけずに髭を剃ることができるのでしょうか。電気シェーバーのほうが、肌に直接刃が触れない点からすれば、ニキビの予防には適しているでしょう。肌の表面に直接触れないために、ニキビが出来にくいです。

T字のカミソリであろうが、電気シェーバーであろうが、刃が剃りにくくなってしまうと、肌に無理やり押し当てて剃ることになってしまいますので、髭を剃るというよりは、無理に引っ張るようにしてちぎってしまうことになります。これでは、明らかに肌を傷つけてしまうことになりかねません。
よって、T字であろうと、電動シェーバーであろうと、刃は一定期間を経るごとに取り替えましょう。髭剃りが出来る程度に切れ味の良いままに保っておくことが大事です。
ちなみに、刃の交換の時期としては、T字のカミソリの場合は、2週間ごとに取り替えましょう。電気シェーバーの場合は、内刃と外刃とに分かれるのですが、内刃のほうは、2年に1度、外刃のほうは、1年に1度程度の頻度で取り替えると良いようです。当然ながら、個人差がありますから、あくまでも目安です。それに、電気シェーバーやT字のカミソリによっても、商品により差がありますから、取り扱い説明書にどのように記載してあるかを確認しておきましょう。

 

シェービングフォームはどのようなものが良いか

ニキビがある場合の髭剃りには、フォームよりも、ジェルタイプのほうをオススメします。なぜなら、ジェルタイプのシェービング剤のほうが、フォームタイプのものよりも、滑りが良好になるため、円滑に髭剃りを行い得ます。そうしたことから、ジェルタイプを使用することが、肌を傷つけ難くなり、結果として肌の保護に繋がります。
髭が剛毛である場合には、ジェルタイプよりもフォームタイプのほうがオススメできます。なぜなら、フォームタイプのほうがジェルタイプのものよりも、髭を柔軟化させる効果が強力であるからです。髭が柔らかいほうが、何ら力を加えることなく剃りやすいです

これは当然のことなのですが、髭剃りの際に何もつけないことは、肌を非常に傷つけやすくなるために、やめておきましょう。
さらにT字のカミソリと電気シェーバーとでは、用いるべきシェービング剤が異なるますから、この点に留意しましょう。よく石鹸を用いて髭剃りをする人もいるのですが、肌の乾燥化を招いてしまうために、やめておいたほうが良いでしょう。(参照:髭剃り ニキビ

 

 

関連記事

    None Found