お肌に刺激を与えないUVケアのポイント

最近ではお肌の事を考えて、一般の方でも必要のない成分の見極めができるようになっています。

しかし、これから肌に優しいものを取り入れたいと考えている方は、わからないことも多いことでしょう。

例えば、ノンケミカル。
ケミカルとは化学物質のことで、日焼け止めに関しては紫外線吸収剤や散乱剤といったものになります。

こういった化学成分は、UVケアには大きな役割を果たすのですが、お肌に刺激を与えるものでもあります。

そのため、肌に優しいものを主とするのであれば、ノンケミカルのものを選ぶべきです。

しかし、それではUVケア能力も低くなってしまって他の方法で対策するしかなくなります。

そこで、海やプール、海外など、とても紫外線を受けてしまうようなところでは、紫外線散乱剤だけが含まれるものを選ぶといいでしょう。

散乱剤の方は、紫外線を肌に当たらないような役割となるのですが、吸収剤に比べたら肌への負担はかなり少ないです。

ものによっては、紫外線吸収剤が含まれないことをもって「ノンケミカル」としている場合もあります。

なんにしても、肌のことを考えるなら、一番避けるべきなのは紫外線吸収剤です。

化粧下地やファンデにも紫外線吸収剤は含まれている

夏が近づくと、UVケアができるコスメアイテムも増えてきます。
日焼け止めだけでなく、下地やファンデにもUVケア成分が含まれているものが多く、そこには紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が入っています。

お肌のことを考えるなら、スキンケア商品にも気を使う必要があります。

また、汗をかく時期になるとウォータープルーフのスキンケアも増えてきますね。

耐水性のあるスキンケアには油分が含まれているので、避けた方がいいでしょう。

こちらにも詳しく書いてあるので参考にしてください⇒東武スーパープール 日焼け止め 禁止

関連記事

    None Found