海辺の周辺に太陽光発電を設置する際、塩害による被害の可能性とその対策について考える必要が出てきます。
一般的には塩害地域は、その海岸からの距離と地域で考えられています。
海岸からの距離が500m以下の地域は重塩害地域、500m以上離れている場所は、その地域によって塩害地域なのか一般地域なのか変わってきます。
沖縄や離島などでは7km以上離れていても塩害地域だと考えられています。
太陽光発電の具体的な塩害として考えられるのは、ソーラーパネルを支えている支柱やフレームなどの鉄部分がさびることです。
サビると耐久性が落ちること、また内部の精密機器に塩害が及ぶ可能性もあります。
またパワーコンディショナーというとても重要な役割を果たしている部分が外付けなのか、内臓型なのかによっても変わります。
塩害の可能性のある地域では、パワーコンディショナーは内臓型にするのが良いといえます。
最近では太陽光発電設備の耐久性も上がってきているので、対応地域も広がってきてはいますが、塩害地域に導入する際には、事前にしっかりとどこのメーカーの、どの設備にするのかを検討する必要があるでしょう。
強い防サビ性、防腐性のある製品を選ぶようにしましょう。
またその補償内容にもしっかり目を通しておくことをお勧めします。
詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 塩害

関連記事