鼻の白いプツプツとした角栓の詰まりは、綿棒を使うことで取れます。
綿棒で角栓を押し出して、オイルで角栓を溶かし出すことで毛穴を綺麗にします。
毛穴に詰まっている皮脂や汚れがオイルに反応して、毛穴の外に溶け出してくるので、肌に負担をかけることなく角栓を取れます。
綿棒で角栓を取るケアは、綿棒がオイルを含むことで皮膚への滑りが良くなり、肌を傷つけにくいです。
また、綿棒を2本使って角栓を挟むこともできるので、毛穴にばい菌が侵入しにくくなります。
また、毛穴ケアにおいて角栓を取り除くのに相性の良いオイルを使うため、肌を角栓の取りやすい状態にしてくれます。
そして、使うのは綿棒とオイルだけなので、安価で毛穴ケアできます。
他の角栓ケア方法と比べても肌への安全性が高いです。
また、角栓には色んな種類があり、毛穴自体が小さくて浅い角栓や、毛穴自体が大きくて深くまで根を張っている角栓があります。
小さくて浅い角栓は楽に取れますが、深く根を張っている角栓は取るのに苦労します。
毛穴の中で皮脂や古い角質が固まって取れなくなることもあります。
けれども、綿棒とオイルを使えば、固くなった角栓もオイルに反応するので、毛穴の外に出るので取れやすくなります。
毛穴ケアに綿棒を用いることは、毛穴の周りの皮膚に余計な負担をかけなくて済むので、肌のトラブルを避けることができます。
コチラも参考にしてください。⇒毛穴ケア 綿棒

関連記事