ゼロファクターを購入する際、長く使われている方のレビューを参考にするのが実際に体験するのに役立ちます。
ゼロファクターを使用しても、短期間では効果を発揮してくれません。なぜなら、使い続けることで段々と髭を細くて薄くできるようになるからです。
髭にも毛と同じように毛周期が存在するので、一回髭を剃っただけではまた生えてきます。この髭剃りの手間を軽減させるのがゼロファクターの役目になります。
なお、ゼロファクターを1本だけ購入して何も効果を体感しなくても、それは毛にまだゼロファクターの効果が行き渡っていない状態です。1カ月だけ使用して効果が出なかったので使用するのを諦めては、濃くて太い髭剃りを続けるハメになります。
レビューを参考にして購入する時は、少なくとも2カ月は使っている方のゼロファクター レビューが毛の生え方と髭の手入れのしやすさの変化を、具体的に述べているのでかなり参考になります。
また、ゼロファクターの1本目を使い切って肌が剃刀負けしなくなれば、効果を体感できています。なので、もう一本購入して使い続ければ、濃くて太い髭から解放されます。
髭の成長を遅くしてくれる上に、毛を薄くする役割を持つゼロファクターですが、1本で150gの内容量なので、1本あれば1カ月はもたせれます。

 

ゼロファクターの効果を思い通りに発揮させるには

1カ月使い続けても特に効果がない場合は、使用方法にも目をかたむけて見るのも手です。シェービング剤をつけてすぐに剃ると、シェービング剤がまだ肌に馴染んでいない状態で剃ることになるので、肌が剃刀負けし易くなります。なぜなら、シェービング剤の成分が肌にあまり浸透できていないからです。
塗った後は30秒から1分放置して剃るのが剃刀負けする心配を防げます。また、剃り終わると肌がさっぱりするので、ゼロファクターを使い続ければ美肌効果にも期待できます。
この時、肌に塗ったシェービング剤のジェルを洗顔で洗い流すのですが、肌に残ったジェルを綺麗に洗い落とせるので手間がかかりません。それに加え、剃刀に付いたジェルもすぐに洗い流せるので時間をかけずに髭の手入れができます。
洗い流す際も、水やぬるま湯で洗えるので洗顔と同じ感覚で行えます。
逆に、ゼロファクターを塗ってすぐに髭剃りに入ると、肌にシェービング剤をつけていないに近い状態で肌の手入れをすることになるので、肌を傷つける原因になります。
剃刀負けして肌が傷つくと、肌荒れやニキビに繋がります。ゼロファクターを塗って髭剃りに入る時は、塗ったジェルが肌に染み込んでから行うのが肌を傷つけずに済みます。
ゼロファクターの効果を実感するには、2カ月は継続する意思と髭の手入れの仕方に目を向けるのが効果を体感し易くなる最善の道になります。

 

 

関連記事

    None Found